海外旅行にクレジットカードを持っていくといい理由

海外旅行に行く際、クレジットカードを持っていないなら、一枚くらい作って持っていった方がいいと言われることがあります。
その理由はいくつかあって、支払いをカードにしてしまえば大金を持ち歩く必要がなくなるため、盗難にあっても被害が最小限に抑えられること、たくさんの日本円を現地通貨に交換する必要がなくなり手数料の節約につながること、現地通貨が手元に無くなってしまい必要になった時にATMでキャッシングできること、海外旅行傷害保険が付帯されている場合万一の事態に補償が受けられること、などがあげられます。


盗難に関してはクレジットカードが盗まれる方が怖いと思われるかもしれませんが、カード会社にすぐ連絡をいれ利用停止してもらえれば不正使用はとめられますし、盗難保険によって損失の補償を受けることができるため、さほど心配はいりません。



キャッシングに関しては、カードによっては海外キャッシングができない設定になっているものがあるため、事前確認が必要です。

海外旅行傷害保険は海外旅行中に怪我や病気、事故などのトラブルに巻き込まれた場合、生じた損失を補償してくれる保険です。



海外に行くためにクレジットカードを作るなら、この保険が付帯されているものにしましょう。

付帯されていないものもありますので申込時に確認を。


なお、日本でカードを使用すると、一括払いや分割払い、ボーナス払いなどさまざまな支払い方法が選べます。



しかし、海外の場合は、支払い方法は通常一括払いかリボ払いのどちらかのみとなり、どちらになるかはカード申込時点で設定されています。

もしリボ払いになっていたら、海外の実店舗でカード利用の際にいくら一括払いにしてくれといっても変更できません。

海外旅行に行く前にどちらの設定になっているか確認し、希望と違う支払い方法の場合は変更しておくといいでしょう。