クレジットカードで初心者が気を付けたいこと

初めてクレジットカードを持つ方がやりがちな事として、カードの裏面にサインをしないで持ち歩くということがあります。サインをしていない状態のクレジットカードを万が一落として誰かに拾われた場合、拾った人が空欄に自由にサインすることが可能なため、状況によっては悪用される可能性があります。悪用されたカードを買い物に使用したとしても店員さんもサインが不正であると見抜くことができない為クレジットカードの限度額まで不正に使用される恐れがあります。また、サインがないと盗難保険の対象外になってしまう可能性があるため、これらの状況を回避するためにもカードを保有したら裏面のサイン欄に早く名前を記入するようにしましょう。
初めてカードを保有した人がついやりがちな事として家族や友人にカードを使用させるという事です。



特に家族間で起こりがちな事ですが、カードを貸した状態で万が一悪用された場合の損害は補償されないため、全額自己負担となります。

どんなに信用できる人でもカードの貸し借りはせずに自分で責任を持って使用することが大切です。



どうしても家族間でしようしたい場合は、家族でも使用できる家族カードというものがあるのでそういったものを使用するようにしましょう。カードと同じくらい重要なのが暗証番号です。
この番号が第三者に知られてしまうとキャッシングも可能になるため親しい間柄でも伝えないことが大切です。



また、出先で番号を言うことも控えましょう。