クレジットカードを解約する方法

クレジットカードを解約するためには、カードの裏面に書かれている電話番号に電話をして、解約をしたい旨を伝えることが必要です。


会員ログイン画面から、ショッピング枠の増枠などの申し込みはできることが多いですが、解約については本人が直接電話をする必要があります。

クレジットカードは持っていても特にデメリットはないですが、キャッシング枠がついている場合には注意をしておきましょう。



キャッシング枠が付いているカードは、カードローンと同じ機能を持っているので、1社から借金をしているという状態としてみなされてしまうことがあります。



キャッシング枠付きのクレジットカードを1枚持っていただけで住宅ローンなどの審査に影響するという可能性はそれほど高くはありませんが、少しでも影響をする可能性を減らすために、キャッシング枠をゼロにするか、利用していないカードは解約をしてしまうのが良いでしょう。

クレジットカードの場合、有効期限がついていますが、有効期限が切れても基本的には自動的に更新されて、新しいカードが送られてきます。

そのため、クレジットカードを解約をせずに捨ててしまい、忘れていたとしても、新しいカードが届いた時に気がつくことができるので、それほどリスクはありません。



しかし、有効期限は5年などと長めに設定されていることもありますので、なるべく使わなくなったカードは解約をしてしまいましょう。


なお、延滞を繰り返している場合などには、有効期限が切れるとそのまま契約終了となってしまうこともあります。